• トップ /
  • 家探しで一番注意が必要なお金

家探しにかかるお金の注意点

家探しで一番注意が必要なお金

\"家探しは家賃以外にもお金が必要 \"

家探しをする場合、もっとも注意しないといけないのがお金で、家賃はいくらぐらいまでなら大丈夫かをしっかり検討することが大事です。また、家賃だけでなく、最初にかかるお金についてもよく知っておく必要があります。基本的に家探しをする場合、家賃は月収の3分の1以下に抑えるのが理想です。気に入った部屋があったとしても、自分に見合わない高すぎる家賃では、生活が苦しくなるだけです。そのため、生活を圧迫しない十分に支払える家賃の物件を考慮して家探しをするようにしましょう。収入は、税金や保険料を差し引いた手取り額で考えることが重要で、手取り月給が21万円の人は7万円の家賃が上限になります。ボーナスは当てにならないので、お金の支払いには入れない方がいいです。家探しに必要なお金は、家賃だけでなく、敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用が色々とかかるので注意が必要です。家賃以外に敷金や礼金、不動産会社に支払う仲介手数料が必要になるので、事前にお金が全く用意できない人については、家探しは厳しいと言えます。中には、敷金や礼金、仲介手数料が不要の物件もありますが、その分、家賃が高く設定されていることが多いです。また、敷金不要でも住み方次第では退去時に原状回復費を請求されることがあるので、十分に注意しましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP